セイコースーパーコピーがSUSコレクションを正式発表

セイコーはブランドアーカイブを掘り下げ、本日、新製品SUSシリーズを発表しました。SUSといえば、セイコーを知っているは時計好き方だけではないでしょうか?セイコースーパーコピー時計カタログには目まぐるしい数時計コピーがあるため、「SUS」は「Simple」「Strong」頭文字をとっています。2019年、セイコーは若い世代へ訴求を目的に、新進気鋭若手技術者2人発案でSUSライン生産を再開しました。
SUSは非常にシンプルな時計で、これら時計は様々な読みやすさを提供するために設計されており、時試練に耐える外観を持っていると考えられている古い軍用時計にインスパイアされています。バリエーションは7種類あり、ブルー、グリーン、ホワイトモデルは300本限定で、NANOユニバース店舗でみ販売されています。黒文字盤バージョンは、通常商品としてスチールと硬化ブラックコーティング2種類が用意されています。白文字盤バージョンはケースにハードニングゴールドコーティングが施されており、個人的にはスチールケースSUSが一番お気に入りですが、新作SUSは間違いなく90年代ノスタルジックな雰囲気が強く出ています。
デザイン的には、コンパクトで精緻なフォルムで、独特ツールウォッチ感があります。新型SUSモデルはすべて直径35mmという、90年代とはいえ小径であるオリジナルに忠実なサイズを採用しています。これら時計コピーは常に若い層にアピールするために生産されてきたもであり、”ビッグウォッチ “という流行は何年も前に廃れてしまったということを念頭に置いておくことが重要です。また、それぞれ時計にはナイロンストラップが付属しており、ヴィンテージ実用性と現代ストリートファッションギャップを埋めるオプションとなっています。これから夏に向けて、あなた手首に快適にフィットします。
搭載するはセイコースーパーコピー通販クオーツムーブメント。若者時計市場を考えると、こSUS生産再開は理にかなっていると思います。コストも安く、価格も安いで、セイコーはデザインだけに集中できる。

セイコーコピーアルピニスト マウンテニア 時計 – トキシックアタック

セイコースーパーコピー「アルピニスト」は、そ快適なフォルムとサイズ感、そして日本独自デザインスタイルで、国内外ブランドコピー時計コミュニティやソーシャルメディアに多くファンを持つ、歴史あるアウトドアウォッチシリーズです。しかし今年初め、6時位置「アルピニスト」ロゴが消え、クラシックなプロスペックスXパターンと「オートマティック」レタリング組み合わせに変更されたことで、シリーズはいくつか変更を受けました。. しかし、変更点はそれだけではありません。新しい SPB155J、SPB157J、SPB159J ケースはすべてナイフ加工が施されており、アルピニストコレクションアイコニックなチャーチピンを彷彿とさせる唯一要素となっています。

目を引くケースは、直径38mmとシックでスリムなケースにもかかわらず、「アルピニスト」名にふさわしいタフネスを発揮しています。正直なところ、以前モデルはクラシカルでありながら、ケースや文字盤が少し凝りすぎていて、コレクションテーマから少し外れているように感じていました。しかし、今回は本質までスリム化され、繊細なワークマンシップで精緻なラインを際立たせ、シャープな和風スタイルを効果的に引き立て、アウトドアウォッチカテゴリーへ回帰を果たしています。
SARBアイコニックなラインであるケース特徴であるラグ内側に施された細くもシャープなポリッシュ仕上げベベルや、ポリッシュ仕上げベゼルなど、仕上げクオリティ高さはこモデルにも表れています。これで十分なかもしれませんが、ブランドはそれだけでは満足せず、サファイアクリスタル下にあるすべて部分を、ヴィンテージマットな美的感覚で磨き上げることにしました。これら3つ新作文字盤はすべて、微妙な色調変化を感じさせるラフな質感表面を使用しています。